2016年12月31日土曜日

2016年買い物備忘録

いつものあれだよ!


ログインが減ると出費が増えるパティーンかと思っていたら、全力で模型に余暇を割いていたせいでろくに出費はなかった。
と言ってもこまごまとした物を大量に買ったけどね。


分島花音 Love your enemies

劇場版は立川のシネマシティで二度観に行きました。

ああうん‥初見の人には色々端折りまくってるせいで訳わからんだろうし、本編ちゃんと追っかけてた人には3/4くらいは総集編なので新作パートはまだか!まだか!と焦らされることになるんだよね。
なので単体の映画として評価するとすごくダメ映画の烙印を押さざるをえない。

‥んだけどただの悪役として設定されていたウリスにバックグラウンドと納得の行く終末を与えてくれたこと、本編第1話から放り投げっぱなしの伏線を(多分)回収してくれたこと、分島花音の主題歌を極音で聴けたことでチケット代は余裕で回収しました!

あ、らぶゆあえねみーすは叫びが声にならないような腹筋に来る感じのカタルシスがサイコーです。
Remix2曲はこれ本人以外が出したらさんざんksだなんだかんだと言われるんだろうなーと買った当初は感じたが、数カ月後には意外と馴染んできたのはナイショ。


妖精帝國 DISORDER

G.L.A.あたりからメタル色が強まって、それはそれで素晴らしいことなんだけど、いわゆるアニソンぽさを備えた曲はもう出ないかもなーとここ数年は思ってたんです。

出しやがったwwwwwwwwwwwwww

系統としては月下香やkeep existingが一番近いのかな。
最近この路線出してなかったけど、僕は結構好きよこれ。


結城友奈は勇者である character songs 勇気のバトン

あんまりキャラソン系のアルバムは買わないので予約入れようか迷ったまま発売日を過ぎて、その後しばらく買おうか買うまいかほったらかしていたアルバムです。

そもそもゆゆゆに関しては映画マトリックスの現実世界に通じるような、もうこれどうにもならんわ‥的な現実を目の当たりにした上で、少なくとも勇者部の活動を始める前と同程度には身の回りの(仮初めの)平穏を取り戻せた、という認識でいたので、TVサイズで聞ける勇気のバトンやその他の収録曲を聴いても明るすぎてなんか普通のキャラソンぽいなーといまいち食指が動かないでいた。

買ってみて聴いてみてようやく気付いたわ。
この曲の本当のサビは全然ブレてなかった。
そして特別盤を買ったので満開祭りが丸々収録されていたけども、気付いたら息も殺して拳を握りしめて涙腺と戦ってた。


Amazonプライムビデオ

今年観た中で三本おすすめを挙げろつったらこれです!

・この美術部には問題がある!

宇佐美さんかぁわぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!
もうほんとにお前ら早く爆発してくれと思いながら観てました!
多分主人公とヒロインの感情が刺々しくなく、かつ常識人なのが好みと合致したんだろな。
スクライドなら瓜実に魅力を感じるタイプでs

・ご注文はうさぎですか?一期&二期

ああ

こんなにこころぴょんぴょんしたい

気持ちになったのは

初めてです


ぼくはロリコンじゃないのでココアおねえちゃんがいいです!


・フィリップ、きみを愛してる!

あんまりネタバレしてもアレなので要点だけ書くと

今脱獄の計画を練って頭をフル回転させている僕は
とある大企業に務めるごく一般的なCFO

強いて違うところをあげるとすれば男に興味があるってとこかナ

ジム・キャリーっつーとマスクやエース・ベンチュラ、ケーブルガイあたりの印象が強烈すぎるけど、トゥルーマン・ショーなんかのヒューマンドラマ系もイケて、今回はどっちかっつーと後者。
相方はユアン・マクレガーで、スタッフロール流れて初めて気がついた。
もっと早く気付けって?可愛すぎて本編で気づかんかったんだよ悪いかよw

それにしても実話に基づいているってすごいなこれ‥


クレオス・ガイアノーツ・タミヤほか塗装関連

いろいろです。塗料だけに。

0 件のコメント:

コメントを投稿