2014年5月18日日曜日

OUTRO

後半はファンフィクション編。
最初からファンフィクションに向けて準備していたわけではないので、切り抜きなどの雑さがあとから響いてきt

ここで問題。デス装備3人のそれぞれの重軽ローブの組み合わせを当ててみよう!
答えはこの記事の最後!


というわけで手を加えた箇所。



首詰め (なりてー限定)
横顔の輪郭修整 (ぜら限定)
髪の描き込み
瞳の描き込み
丁寧な切り抜き 
翼のスクラッチ


頭部若干の縮小 (ぬるぽ限定)
首詰め (ぬるぽ限定)
顔の輪郭修整 (ぐら限定)
髪の描き込み
瞳の描き込み
丁寧な切り抜き
どことは言わんが不自然な箇所の修正

今回は4K解像度に合わせてレイアウトの変更を行った…というより、単純に幅だけ詰めて4:3やA4型のアスペクト比にしようにもどうにも納まりが悪かったので、どちらかっつーとやむを得ず。
ぬるぽの帽子となりてーのマントがどっちもぶつ切りになっているため、レイアウトはこの2辺を基準に調整せざるを得なかった。
ぬるぽはともかくなりてーは完全に初期の手抜きのせい。
元画像にはちゃんと先端まであったのに…('A`)


ロゴはUS鯖のファンサイトキットより。
自分でテキストを追加する場合、そのままテキストボックスから文字をベタ打ちするとそこだけシャープになりすぎて浮くことがある。
その場合、ラスタライズして必要な分だけぼかしをかける。

最後にキャラクターへのフィルタ処理。
そのままだと装備は意匠が細かい割にジャギーが目立ち、新規に描き込んだ箇所が浮くため、全体のディテールを均一にする方向性で行う。

まずは顔や髪などをマスキングしたうえで、ブラシストロークのエッジの強調。
このフィルタでディテールを簡略化しつつエッジを滑らかにする。
ぐらはインペなので白方向で金属光沢を追加、残りのデス3人は黒方向で引き締める形で適用した。


ぜらが明らかに盛っているのがお分かりいただけただろうか。
強く効かせすぎるとボケるわ痩せるわエッジが浮くわロクなことが無いのでご利用は計画的に。

あとは全体に変形の光彩拡散を加えることで適度に白飛びさせ、背景・前景と馴染ませる。


これでできあがり。

・長い余談
なりてーの目のイメージはガンダム系MSのデュアルセンサーのそれなので、ちょっと趣味に走ってみた。
ちょっとでもシャープに描き込むとフィルタ適用時に明らかに浮くんで結構何度も濃さとボケ具合を調整したけど、なんかちょっとぼかしすぎちゃったかな。難しいね。
ぜら共々左の2名は人外なので、髪は遠慮なく細かく描き込めた。
ウェイビーなショートは描いてて楽しい。

ぜらは逆光の横顔なので表情を上手くぼかす事が出来たが、実のところあんまり目のイメージが固まってないのであいまいにできて助かっt
後頭部とポニーテールの髪はディテールアップだけで済んだので楽々。
ただ頬の部分はストンと落としてもなびかせすぎても嘘っぽいし、絡ませすぎてもうっとうしいしでちょい難儀した。
頬の髪は元は顎のあたりまで長さがあったが、口のラインくらいまで短くすることで印象を少し軽くできた気がする。

ぐらは頭の中のイメージ以上にイケメンになってしまった。
余裕を帯びたいい表情にでき、野良猫っぽい無造作感のある髪もうまくいったので個人的には120点くらいをあげたい。

ぬるぽは田舎っぽさと女子力の高さの同居したドヤ顔可愛いファニーフェイスという脳内イメージに沿って描き込んでみたが、若干あおり気味の構図なのでしんどかった。
ゲーム内モデル自体がそうなので割と太眉くっきりなイメージなんだけど、もうちょびっと細くしても良かったかもと思わないでもない。
まつ毛ももうちょっと伸ばしてあげたかったんだけど、なりてーと同じく他とのバランスでこのくらいで妥協。
髪質は一番気を使ってそうなのでまとまりのあるサラツヤぽい感じにしておいた。

タイトルに関してはまたそのうち。


こたえ: ぜら=重装備 / ぬるぽ=重装備 / なりてー=ローブ

可愛い軽装備の子だと思った?残念!ローブでした!
あと特に賞品はありません!

2 件のコメント:

  1.  元の顔を知っている自分としては強烈な違和感がw
     まぁ原作の顔もマネキン顔でしたが・・・w

    返信削除
  2. 作業しながら適宜別レイヤーの元画像と比較するんだけど、いつまでたっても違和感半端なかったなwwwwww

    けど、ゲーム中のモデルが適度に無個性だったからこそこうやって自身のイメージを投影する余地があるわけで、そう思うとリネのキャラ造形のバランスはいい塩梅だったね。
    ドワっ娘もA〜C顔は媚びないギリギリのラインだったし。

    返信削除