2013年4月30日火曜日

オルマフム工作員

ぬるぽ様はたまに無性に工作をしたくなることがある。
あ、リネ2関連の記事じゃないのでしたらばとか関係ないですからー


・バッファロー製アーケードスティックBSGPAC02BKのレバーとボタン交換
本体はパーツ交換前提でAmazonで2kちょいで購入。
千石通商にレバーとボタンを買いに行ったらセイミツのレバーだけ売り切れてた。
きっとわたしに恨みを持つ人間の仕業。
ボタンは特にこだわりはなかったので、赤の発色が暗めで上品な三和にしておいた。
作業自体は筐体にボタンつけて繋ぎなおすだけなので10分くらいで終了。
さすがに業務用だけあってボタンの操作感は良好。
こうなるとレバーもさっさと調達して変えてしまいたいね。

・RCAケーブル
ケーブルには7年くらいほっぽらかしていた独Sommerのclub series mk IIを、プラグにはトモカのJS-017と思われる圧着式を使用。
以前使っていたカナレのMR202-2ATもしなやかで取り回しは容易だったが、こちらはそれ以上に半端ない柔軟性。
例によって主観だが、密閉型スピーカーの長所である音の締まりを伸ばし、短所である低音の不足を補ってくれたように思う。
ピアノ/ギター/ヴァイオリン/チェロ等の弦絡みの曲の立ち上がりと残響がこれまで以上に心地よい。
こんなことならもっと早くから使っていればよかった。

そういえば中学の時に買ったパイオニアのスターカッド構造のスピーカーケーブルを未だに愛用しているが、これも取り回しが非常にいい。
JC-200だと思うが、m単価も安かったし生産終了してしまったのが本当に惜しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿